少しだけ良い生活

ex-life

Web制作

WordPressとHTMLエディタについて

Webサイトを作るときや更新など保守管理を行うとき、htmlは何を使って書きますか?

ホームページビルダーやDreamweaverの様なホームページ制作専用のソフトを使う人も多いと思いますが、私は昔からフリーソフトのサクラエディターしか使っていません。

HTML、CSSやJavascriptを書く時も、PHPやJavaなどのプログラムを書く時も、メモや資料の下書きを書く時も常にサクラエディターを使っています。

しかし、最近はWordpressなどのCMSを使ってホームページを制作する機会が増えていて、テキストエディターで記事を書くことが減ってきています。さすがにテーマの作成やカスタマイズの時はパソコンでテキストエディターを使って作ったファイルをアップロードしますが。

WordPress上のエディター

以前はWordpressの記事の投稿でも、ビジュアル表示ではなくテキスト表示にして、サクラエディターで作成したHTMLをコピペするという使い方をしていましたが、最近では、

  1. 凝ったレイアウトなどを使わなくなった
  2. ビジュアル表示時のエディターが使いやすくなった
  3. ブロックエディターも慣れると使いやすい

などの理由でWordpress上のエディターで記事を作成することが多くなっています。

1.凝ったレイアウトなどを使わなくなった

注意ポイント

デザインに関してはあまり詳しくないので違うかもしません。

フラットデザインの流行、レスポンシブデザインの普及などにより、レイアウトがシンプルになったと思います。

これにより、コンテンツを書く時には、テキストと画像を決まったパターンで並べるというレイアウトが多くなり、複雑なHTMLが必要なくなったため、Wordpress上のエディターでもHTMLが書きやすくなったのだと思います。

メモ

明らかにWordpressで作ったようなブログでも、読みやすい文字組になっていることが多いと思います。

2.ビジュアル表示時のエディターが使いやすくなった

ビジュアル表示で使えるTinyMCEは使いやすいと思います。使いたいボタンのカスタマイズとかもできますし。

ただ、エディターが使いやすくなっただけでなく、上述のように、Wordpressに載るエディターで十分なことしか書かなくなったという方が正しいように思います。

3.ブロックエディターも慣れると使いやすい

WordPress5.0から導入されたらしいですが、ページのコンテンツをブロックの組み合わせで構築していく、ブロックエディター。

従来のエディターとは大きく変わっており、ブロックエディター以前のエディターに慣れすぎた人は使いたくないかもしれません。

個人的にはどちらのエディターでもよいと思っていますが、ブロックエディターで一番気に入っている点は、エディター画面内のコードが少なくなることです。

1つのエディター画面で1ページ制作していた場合、エディターを大きく表示してもスクロールが大変なことになり、操作しづらいことが多々ありましたが、ブロックエディターでは1段落程度しか1つのエディターに入力しないため、エディター画面が操作しやすいです。

まとめ

とくに何かを伝えたい記事ではありません。

WordPressに限った話ではなく、Windowsの新しいバージョンなども出たばかりの物は使いにくいと言われると思います。

しかし、わざわざ新しく出てくるものには、何かしらいいところってありますよね。総合的に見て以前の物が良いと判断するときにも、新しい物の良さを分かった上での判断をしたいですね。

-Web制作

Copyright© ex-life , 2020 All Rights Reserved.